債務整理後の住宅ローンはどうなるの?

債務整理後の住宅ローンはどうなるの?

債務整理後の住宅ローンについて

債務整理の関する質問として多いのは、債務整理をした後に再び住宅や車のローンが組めるのか、というものです。結論から言うと5年から10年の間、新たにローンを組むことは原則として難しくなります。

 

債務整理をするとその記録は信用情報機関に登録されます。

 

信用情報機関によっても異なりますが、任意整理や特定調停では5年、自己破産や個人再生となると10年を超えない期間であなたの債務整理の記録が信用情報に残ってしまいます。

 

これらの信用情報を参照して融資を行うかどうかを決定するのはあくまで銀行などの貸し手の側ですから、100%ローンを組めないとは断言できません。

 

ただ、こうした事故情報があった時点でほとんどの貸し手はローンの申請を却下してしまう傾向にあるようです。

 

もちろん貸し手は信用情報以外にも借り手の職業や年収、債務を負った理由など様々な要素も見ています。

 

よって、安定した職業と収入など事故情報を覆す好材料をあなたが持っていれば、それほど多くはありませんがローンが組める場合もあります。

 

しかしながら、一か八かローンの申請をいくつも行うというのは良くありません。

 

ローンの申し込みと却下の事実も信用情報に記載されてしまうので余計にローンが組みにくくなる場合もあるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ