債務整理<税金の滞納でもできますか?>

債務整理<税金の滞納でもできますか?>

税金の滞納による債務整理

債務整理はあらゆる借金を減らしてくれる便利なものです。しかし税金の滞納については対象になりません。

 

税金は借金をしているわけではありませんから、支払わなければならないのです。従って債務整理を行っても、滞納している分については支払いを命じられます。

 

元々税を納めることは義務です。これを回避する方法は一切ありません。ただ、支払えない方向けに、色々な相談に応じてくれることもあります。

 

税金の場合は市町村に相談し、分割での支払いが行えないか相談してください。債務整理と並行して行うことによって、比較的楽になることがあります。

 

以外の市町村の担当者は、借金を抱えて悩んでいる方に優しく対応してくれます。払えないものは払えないと伝え、何らかの譲歩を引き出してください。

 

これを行わない限り、税金を通常通り払う義務が生じます。払えないのであれば差し押さえの処分を受けることがあるので注意してください。

 

債務整理を税金で行うことはできませんので、他の借金を減らすために利用してください。そうすることで税金の滞納も回避できることがあります。

 

払えない場合は直ちに市町村の担当部署へ行き、支払えないことを伝えて対応を協議してください。それである程度緩和されることがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ