債務整理にはどんな種類がある?

債務整理にはどんな種類がある?

債務整理にはどんな種類がある?

債務問題を解決する方法を総じて債務整理と呼ぶのですが、これは多重債務を解決する方法です。
大きく分けて4つの種類があります。

1つ目は任意整理です。
これは裁判所を通さない私的なもので、債権者との交渉によって債務の金額を決めるものです。
この任意整理を希望する債務者は弁護士などに依頼した方が良いでしょう。
2つ目は特定調停です。
これは債務者と債権者、それから簡易裁判所の調停委員とで債務の金額を決めるものです。
つまり裁判所における任意整理になります。

それから、3つ目は民事再生です。
これは安定した収入のある人が、債務の一部を3年くらいで払う形にする制度です。
債務の一部を免除してもらう制度でもあります。
そして、この制度は任意整理と自己破産の間のようなものなんですが、債務が1/5、あるいは100万円になります。
4つ目は自己破産です。
これは他の整理方法で解決できない場合の最終手段になります。
また、その全財産をもってしても、債務を返済することができなくなった人のための制度です。
この制度では、先ず強制的に財産をお金に換えて、そのお金を全ての債権者に公平に分けます。
なお財産の中に生活必需品は含まれません。

上記のように債務整理には色々な種類がありますが、どれにも色々なメリットがありますが、一方でデメリットもあります。
どれが良いかどうかは債務状況により違ってきます。
自分の状況に合った種類の債務整理を選択してください。


ホーム RSS購読 サイトマップ