公務員が債務整理前に注意すること

公務員が債務整理前に注意すること

公務員が債務整理前に注意すること

数多くの職業の中で比較的安定した収入が見込める公務員は、借金を抱える心配はないように思えます。しかし、現実には多額の借金を抱えて悩んでいる人が多くいます。消費者金融や銀行のカードローンや、クレジットカードのリボルビング払いがその一例と言えます。これらの特徴は、通常のローンに加えて金利が高いことが挙げられ、利用する額が多くなればなるほど支払わなければならない利息の額も増えてしまいます。そのため、安定した収入が見込める公務員であっても、返済が困難になってしまうケースがあるのです。さて、公務員が債務整理を実施する際に注意することは、「共済」から借り入れを行っていないかを必ず確認することです。特に、自己破産をする際に「共済」から借り入れがあると、自己破産をした事実が「共済」に知られてしまいます。公務員自体は辞めなくてもよいものの、「共済」の組合員に自己破産をした事実は確実に知られているため、働きづらくなって自主退職に追い込まれる可能性があります。「共済」からの借り入れがある場合は、任意整理など別の債務整理を選択する必要があります。任意整理は、裁判所を通さず弁護士や司法書士と相談の上で借金の減額が出来る上、減額する借金を選択することも可能です。そのため、公務員が債務整理を行う際は、任意整理が最もよく選ばれます。ただし、あまりに多くの借り入れがあり、たとえ借金を減額しても返済が難しい場合は、やむを得ず個人再生や自己破産を選択しなければなりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ