債務整理後に携帯電話買いづらくなるかも

債務整理後に携帯電話買いづらくなるかも

債務整理後に携帯電話買いづらくなるかも

日本人の誰もが持っていると言えるものに携帯電話がありますが、毎月の支払い金額について馬鹿にすることはできません。
携帯電話の料金についても滞納を続けてしまうと、返済していくことが大変になります。
携帯電話の料金は法律的に言うと、非免責債権というわけではありませんので、債務整理の対象として取り扱うことが可能です。
債務整理とは借金の支払いが困難になったときに、法的な手続きを取ることで解決する方法のことを指します。
携帯電話の料金の未払い問題を、債務整理の方法を用いることで解決したときには、使用しているものは解約されて使えなくなるものと考えておいてください。
ただし、分割払い分の料金についてのみ債務整理の手続きを適用することによって支払い義務を免責してもらったときには、それ以後の支払いを毎月行うことで通常どおりの契約を継続することも可能です。
携帯電話の料金を支払えないことについて、債務整理の手続きを行ったときには、そのデータについて信用情報機関に登録されることになるものと考えておいたほうが良いでしょう。
つまり、債務整理の手続きを行ってしまうと、それ以後に携帯電話を使用するために契約の申し込みをすると、審査の段階でブラックリスト扱いとなり審査が通らなくなります。
携帯電話が使えなくなってしまうと、日常生活を送る上で支障をきたすことも考えられますので、債務整理をするときには十分に熟慮してから検討したほうが良いと言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ