債務整理したら一生借入出来ないのか?

債務整理したら一生借入出来ないのか?

債務整理したら一生借入出来ないのか?

クレジットカードのキャッシングや銀行のカードローンはいざという時にすぐに借入することができるので非常に便利なものなのですが、その便利さゆえに後先のことを考えずに借入を繰り返し、気が付いたら多額の借金を抱えていたというケースはよくあるものです。
利息分がどんどん膨れ上がり、毎月の生活費さえも苦しくなって催促の電話や通知などに怯えてしまい、精神的なストレスやダメージもあるでしょう。
また返済するために他の消費者金融などから新たに借入をするなどといった行為に及んでしまうこともあります。
このような場合、債務整理を利用するということもひとつの手です。
借金問題に苦しんでいるという話はよく耳にはしますが、借金を苦しまずに返済できたということはあまり知られていない事実でもあります。
債務整理には任意整理や個人再生、特定調停や自己破産などが挙げられますが、自分にとってどれが最も適しているのかは、専門の弁護士に相談すると良いでしょう。
また、弁護士が委任した時点で債権者からの催促の電話や通知などはストップすることができるので、それだけでも精神的に救われるはずです。
もちろん債務整理は自分で申し立てることも可能ですが、高い交渉力や専門的な知識が必要とされ、多くの書類を作成しなければならないので手間と時間が必要になってきます。
ほとんどの法律事務所は無料相談を設けているので、もし借金問題に悩んでいるのなら相談してみることをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ