債務整理について<任意整理の特徴>

債務整理について<任意整理の特徴>

債務整理について<任意整理の特徴>

任意整理とは、簡単にいってしまえば債務の負担が大きくなった債務者が債権者と交渉し、債務の負担を軽くしてもらう事を指します。

 

任意整理が行われる状況として、滞納しがちながも債務を支払っていけてる事、また任意整理を行う事で今後生活を立て直す事が可能であることが重要になります。

 

債務の支払いが出来ない債務超過の状態で任意整理を行っても結局負担の大きなはあまり変わらず、自己破産を勧められるケースもよく見られます。

 

任意整理を行うにあたっては、まず信用情報機関にその情報が掲載されると言うデメリットはかなりの確率で生じて来ますが、自己破産の様に法的な不利益を得ることはないことから多重債務に陥った場合など任意整理を検討されるケースが多く見られます。

 

任意整理は他の債務整理同様に自ら行う事も可能です。

 

しかし債権者にとっては利息の減額等経営面に関わる不利益も生じる事が十分に考えられる事から、任意整理に中々応じてくれない債権者もいるのが現実です。

 

それに相手は金融のプロ、例え任意整理に応じてくれた場合でも結局、利息分のカットについては応じてもらえず、債務の額相当の金額でしか応じてくれない債権者も多くいるのも現実です。


ホーム RSS購読 サイトマップ