債務整理の流れに関して

債務整理の流れに関して

債務整理の流れに関して

債務整理には五つの手続きがあります。

 

一つは任意整理です。法律の専門家が債務者の代理人となり、債権者と話し合った上で借金を整理(又は減額)を行います。

 

利息の再計算(引き直し計算)を行う事によって本来は支払う必要が無い利息を支払っている事が判明した際には法律の専門家と債権者が話し合いを行います。

 

一つは民事再生です。借金額が大きい為に返済が容易ではない及び財産を手放したく無い場合に一定の条件を満たしていれば手続きを行う事が出来ます。

 

借金の減額を行った上で数年に分割して返済を進める事が出来ます。

 

一つは特定調停です。債務者本人が申立人になり債権者との話し合いを行う為の手続きです。

 

債権者との話し合い時には専門知識が必要となる為、調停委員を間に挟む場合が一般的です。

 

引き直し計算を行った上で分割弁済や減額等に関して債権者と話し合いを行います。

 

特定調停によって成立した内容は確定判決と同様の強制力があります。一つは自己破産です。

 

借金の返済が困難となった際に借金を帳消しにする事が出来ます。手続き時には一定の条件(財産を手放す事や借金の原因等)があります。

 

又、今後の人生において新しい借入金を発生させる事が無い様に新規の借入を行う事が出来なくなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ