債務整理について<個人再生の特徴>

債務整理について<個人再生の特徴>

債務整理について<個人再生の特徴>

個人再生とはその名の通り、事業者を含む個人債務者が利用できる裁判所での法的手段で、再生手続きをした債務者は自ら立案した返済計画を裁判所に認可してもらった上で、今後返済すべき債務負担を大幅に縮小できる債務整理手続きになります。

 

もし、裁判所が認めた再生計画通りに滞りなく分割返済を完了すれば、一部の債務返済で全ての借金が片付くという形になります。

 

個人再生を申請できる人は、次の場合に限ります。

 

1、個人債務者である
2、今後、継続性があって反復した収入を得る予定がある(必ずしも1ヶ月ごとでなくても構わない
)3、住宅ローンまたは不動産の担保に入っている債権額以外の借金総額が5,000万円以下である
4、自己破産する恐れがあるこのように個人再生手続きは、任意整理で利息カットした債権額でも3年以内に債務が完済できない場合の救済手段として利用される事も多く、自己破産を避けたい人に最も適した手段になります。

 

任意整理では、債権者を選んで借金を部分的にキレイにする事が可能ですが、個人再生になると住宅ローン以外の債務を一括整理するので、法的費用はかなり高額になります。

 

また、自己破産のように全ての債務返済が免除される事はないので、無職者ではなく、ある程度の収入力のある人に限ります。

 

そして債務返済型である個人再生の弁済期間は、任意整理と同様に原則3年です。更にその返済総額は、法律で制定されている最低弁済額以上の金額でないといけません。

 

その弁済額の計算は、個人が現在抱えている債務総額に基づいて、次に示す金額以上と決められています。

 

債務総額が100万円~500万円なら100万円以上、500万円~1500万円なら債務総額の5分の1以上、1500万円~3000万円なら300万円以上、3000万円~5000万円なら債務総額の10分の1以上そして、個人再生には住宅ローン特則という手続きもあり、住宅ローン特則を適用すれば、マイホームを手放さずに債務整理ができる長所があります。

 

しかし、住宅ローン自体はどんな事情であれ減額できず、個人再生手続きは住宅ローン以外の債務を再生計画通りに返済しながらも、住宅ローンの支払いも同時に継続しなければならないのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ