債務整理のデメリット|少しでも安全に借金を解決したい

債務整理のデメリット|少しでも安全に借金を解決したい

債務整理のデメリット

借金などで困っている場合の効果的な対処方法として債務整理がありますが、これにはいくつか種類があり主に自己破産、任意整理、特定調停、個人再生というように4つあります。

 

上手く対処する場合その状況に応じてこうした最適な債務整理のやり方が変わってきますが、これらには多少のデメリットも存在します。
まず自己破産についてですが、これは借金をなくすという点において魅力的なメリットになりますが、逆にデメリットとしては個人信用情報機関のブラックリストに載ったり、
必要最低限の生活費や財産以外は全て換価されたり、破産手続きが終わるまでは旅行や引越しができず、免責が下りるまで特定の資格や職業への就職が制限されるといったことがあります。

 

次に任意整理ですがこれは裁判所などの公的な期間を介さずに短期間で簡単に債務整理が行えるというものですが、その一方でこれもブラックリストに載ったり、弁護士などの専門家に介入してもらう必要性がでてきたり、これによって別途お金が必要になったりします。

 

また特定調停では公的機関である裁判所を介して行うものであって、これもブラックリストに載ったり、任意整理とは違ってとにかく手続きが面倒で、
こちらから裁判所に行く必要性があったりすることから多忙な場合では難が出てきます。
さらに過払い金が発生する可能性がある場合、その過払い金の請求手続きができないことからこうした場合には向いていません。

 

最後に個人再生ですがこれは任意整理では返済ができないけれども自己破産はしたくない場合に可能になりますが、デメリットとしてはブラックリストに載ったり、
特定調停過払い金請求手続きができなかったり、3年間返済義務が残り、住宅ローンは減額・帳消しにはならないといったデメリットがあります。

 

債務整理を行う場合はこうしたそれぞれの方法のメリットやデメリットを踏まえて、自身の状況に応じた方法で対処するのが望ましいとされています。


ホーム RSS購読 サイトマップ