債務整理の後はクレジットカードはどれくらい使えない?

債務整理の後はクレジットカードはどれくらい使えない?

債務整理の後はクレジットカードはどれくらい使えない?

債務整理をすると、クレジットカードは持てないのでしょうか?

 

確かに債務整理をすると、それだけお金に対して社会的な信用は低下すると思われます。

 

しかし、全ての場合においてクレジットカードが作れないというわけではありません。

 

特に厳しいと思われるのは自己破産、そして民事再生ですが、それ以外の方法ならばクレジットカードは作成できる可能性は十分にあると思います。

 

自己破産や民事再生の場合は、債務整理の方法の中でも1番重い手段になり、被る迷惑の度合いも大きいために、官報に掲載されてしまいます。

 

そして、この官報に掲載された情報というのは、半永久てきに消えないために、クレジットカードの会社の人間が調べればすぐに過去に債務整理の経験があると分かってしまいます。

 

債務整理経験者と分かってしまえば、そういった人にクレジットカードを持たせるのはさすがに許可が下りないでしょう。

 

したがって、官報にそういう情報が載っている限りはまずクレジットカーとは作れないと思いますし、その情報は半永久的に消えないので、一生無理と考えた方が良いと思います。

 

他の方法ならば、官報に載るといった厳しい処分はされないはずです。

 

ですから、債務整理の方法によっては将来的にクレジットカードを作ることが十分可能な場合もあるということです。


ホーム RSS購読 サイトマップ